« 夜立ち日帰り旅『四ワンコ 南紀くしもと橋杭岩を見る』 | トップページ | 浅田次郎『地下鉄(メトロ)に乗って』を読みました。 »

2020年12月 6日 (日)

静岡大学教授の楊海英先生『逆転の大中国史 ユーラシアの視点から』を読みました。

静岡大学教授の楊海英先生『逆転の大中国史 ユーラシアの視点から』を読みました。

2月に読んだ『どの教科書にも書かれていない日本人のための世界史』で
著者の宮脇淳子先生も「西欧にも米国にも所謂、中立的な世界史は
存在しないのでモンゴル帝国の視点から見てみよう」と述べています。
中国史とありますが「中国」というのは変で「シナ」と言うべきなのかもね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逆転の大中国史 ユーラシアの視点から (文春文庫) [ 楊 海英 ]
価格:913円(税込、送料無料) (2020/12/23時点)


|

« 夜立ち日帰り旅『四ワンコ 南紀くしもと橋杭岩を見る』 | トップページ | 浅田次郎『地下鉄(メトロ)に乗って』を読みました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。