« 自宅DIY、人工木でフェンスの試験組立 | トップページ | 『「日本国紀」の天皇論 』を読みました。 »

2020年2月29日 (土)

『どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史』を読みました。

西欧にも米国にも所謂、偏った世界史しか存在しないので
モンゴル帝国の視点から見てみようという本書。

モンゴルと中央アジア、ヨーロッパ、ロシア、支那の
人名、
地名、国名が馴染めず、夫々の関係が複雑で
殆ど理解できなかった。


理解し難いというそのことが我々が世界史をしっかり

学べていないということの現れですね。
本書ではもう少し図版を多くして欲しいと思います。

終章の自虐史観を述べた辺りは別の本で
しっかり教えて欲しいですね。
日本史についても日本書紀や古事記に拘るのはどうかと
主張しているので次は日本書紀、古事記に関する本も
読んでいきたいですね。




 

|

« 自宅DIY、人工木でフェンスの試験組立 | トップページ | 『「日本国紀」の天皇論 』を読みました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。