« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

『太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編』を読みました。

当時16歳~22歳の若者だった人たちの語りを集めた。
誰もが国、故郷、家族を守るために命を懸けて
戦うのは当たり前と考え責任感を持っていた。
でも暴力的な人間ではない。

15歳で満蒙開拓青少年義勇軍に志願した
自分の父親もそんな少年だったんだろう。
そんな生き残った人達のおかげで豊かな
日本になったのは間違いない。

沈没した大和から引揚げられた食器や靴をみて
衝撃をうけ卒倒しそうになった生き残りの方、

辛かったでしょう。

山本五十六は凡将とあり。
山本五十六が、新米英で避戦派だったってのは、
米英は戦争を避けたかったんだとイメージさせる為の
プロパガンダだと自分は思う。
戦争したかったのが米で、
戦争したくなかったのは日本ではなかったのか?

博打のような作戦の結果、
300万以上の国民、兵士が悲惨に亡くなることになったと

自分は以前から思っている。

絶対国防圏で持久体制を
取っていれば、
戦争には負けただろうが
300万人も死ななくて
済んだのじゃないだろうか?

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編 [ 門田 隆将 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/1/23時点)


 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

私の晩酌「沢の鶴 冬季限定 新米新酒 初生原酒」

私の晩酌「沢の鶴 冬季限定 新米新酒 初生原酒」

私の晩酌は江戸切子の「ぐい吞み」に
すりきり一杯なのである。
一杯で納めるのに強い意志が必要である。

長い名前ですが・・・沢の鶴ですので
どこでも買えると思います。

地酒じゃないけど「限定」に弱いし
純米酒なので買ってきました。
案外すっきりして呑みやすくて美味しい。

P_20200119_193520 P_20200119_193515

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

下着(シャツ・パンツ)と靴下

下着(シャツ・パンツ)と靴下
同じものを6セット新品購入。

洗濯してくれる家族から、
「息子のと区別できない」って
話なので・・・

オイラのものは、これ一種類しか
ないので
間違えないでしょう!
たぶん・・・

くたびれたら、また同じものを
補給するって案で
どうでしょうか?

外仕事する人以外で、
発熱素材下着は要らないと
思うよ。

P_20200102_094956_2

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

『太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編』を読みました。

作戦を立てる上層部は実は戦争を知らなかったということ。

ガダルカナル、ニューギニア、インパールいたるところで
補給無で飢餓と病気が起こっているから作戦の不備ではなくて、
組織的、根本的な欠陥があったことは明らか。

東部ニューギニア戦(敢闘編・全滅編)という本を以前読んだけど
中部、西部でもニューギニアでは玉砕戦が起こっていたのですね。

飢えと病気で痩せこけても戦わなくてはならないなんて悲惨。
第一線の兵士の責任感には感謝しかないが、とにかく悲惨で
読んでいて悲しくなる。

仕事が分からない、且つリソース無視
の命令だす経営者、今でもいそうだもんな。

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編 [ 門田 隆将 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/1/23時点)


 

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

私の晩酌「純米大吟醸 亀の翁(かめのお)」

私の晩酌「純米大吟醸 亀の翁(かめのお)」

私の晩酌は江戸切子の「ぐい吞み」に
すりきり一杯なのである。
一杯で納めるのに強い意志が必要である。

「亀の尾」という酒米で造られる
「純米大吟醸 亀の翁(かめのお)」は
漫画「夏子の酒」のモデルで有名な
新潟県の久須美酒造のお酒です。

格別に美味しい。さすが・・・お正月用。
Pc300055 Pc300053

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »