« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月28日 (土)

私の晩酌『純米原酒 風流宴船』

私の晩酌「純米原酒  風流宴船」

私の晩酌は江戸切子の「ぐい吞み」に
すりきり一杯なのです。
この一杯で納めるのに強い意志が必要です。

『純米原酒  風流宴船(ふうりゅう  うたげふね)』は、
愛知県犬山市羽黒の東洋自慢酒造(株)のお酒です。

会社の名前は変わってるけど、お酒の名前は洒落てる。
Pc220091 Pc220092

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

FLの化学療法、寛解後10年になりました。

2009年8月から12月まで入院して施行された
FLの化学療法。
寛解してから10年を過ごすことができました。

退院時に主治医から2~3年で再発することが多いと
聞いていましたが病気は落ち着いていてくれました。
ありがたいと思います。

最初は名前を呼び時にさん付けでしたが今では君付けの
主治医とは10年超の付合いになりました。
「治ったわけでは無い」と常々言われているので、
再発の確立は上がっているとも言えます。


| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

夜立ち日帰り旅『参ワンコ 国宝犬山城とイルミネーションを見に行く』

夜立ち日帰り旅
『参ワンコ 国宝犬山城とイルミネーションを見に行く』
(2019.12.20~21)

12月20日(金)自宅帰宅。
大急ぎで支度して21時に出発。
東海北陸道の川島PA(ハイウェイオアシス川島)に
24時到着。01時仮眠、翌朝07時に起床。
ワンコ散歩後は
併設の川の水族館「アクア・トトぎふ」見学。
(アクア・トトぎふ お奨めです)
Dsc09132 Dsc09168
Dsc09199 Dsc09216

続いて犬山市「国宝 犬山城」に移動。
ワンコ入城不可なのでヒトのみ見学。
長良川河畔の小山の上に見事に建ってます。
なかなかの絶景です。
(国宝  犬山城 お奨めです)
Dsc09221 Dsc09249  
その後、城下町を散策。
お年を召した甲冑武者に遭遇。
犬山城主は尾張徳川家の付家老の成瀬隼人正。
馬籠宿にある高札にも名前が出てるよね。
Dsc09319 Dsc09357
夕方になって再び川島PAに戻り、
138タワーのイルミネーションを見て帰ってきた。
いつもよりノンビリしたびで23時半に帰宅。
ギリギリ日帰り旅に収まった。
Dsc09476Dsc09467
我ワンコ家の車中泊は、
SA、PA、道の駅等での夜中の仮眠のみ。
車中で調理したり、テレビ見たり、
パソコンしたり飲食する等の車中生活は無し。
なので車中泊ノウハウは無し。

寝具は普段使いのニトリの羽毛布団で、
布団袋に無理やり収納すると小さくなる。
下着一枚でも暖かく熟睡できる。
高価な羽毛寝袋は不要。

終り

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

『新聞という病』を読みました。

タイトルに「朝日新聞、毎日新聞」と
入れたほうが本の趣旨に合っていると思う。
「新聞」と漠然としたのはマイナス。

専らネットばかりでテレビを殆ど観なくなった。
新聞も読まなくなったので、
ネットでよく拝見している門田さんの
新聞批判本を読んでみた。
(新聞を読まない自分の正当化のために?)

過去のコラムを一冊の本に纏めているので
小節毎の関連が読み難いが、
新聞記事が思想的に偏っている事は良く判った。

内容はネットで理解されている事ばかりなので
目新しさは無いが
偏った新聞を読むことは
百害しかないようですね。

私は「読書メーター」という読書管理サービスに
登録してます。255文字以内でアウトプットするのは
判りやすい文章を書くトレーニング。
それよりも同じ本を読んでいる数十人、
数百人の
感想を読めるのは極上の楽しみです。

私が良いと思ってもそうじゃないという反対の
感想もあるので非常に勉強になっていると思います。
ユーザー登録しなくても、読むことは可能なので
万人にお薦め。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新聞という病 (産経セレクト) [ 門田隆将 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2019/12/22時点)


| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

夜立ち日帰り旅『参ワンコ 宇治平等院と信楽に行く』

夜立ち日帰り旅『参ワンコ 宇治平等院と信楽に行く』
(2019.12.06~07)

12月06日(金)講習会終了後、自宅直帰。
予定外だったので大急ぎで支度して19時30分に出発。
新しくなった浜名湖SAフードコートで夕食。
新名神土山SAに23時到着。

我らの他に車中仮眠する車を見掛けず少々不安になる。
なにしろ寒い・・・気温が0~5℃くらい。24時仮眠。

土山SAのフードコートで朝食。
早朝から土山SAは大混雑でトイレも行列に
なっているので次の甲南PAに移動。
トイレはこちらのほうが土山SAに比べて新しくて
風除室もあるので寒くない。
フードコートも昔風情の喫茶店のようで良いと思う。
Dsc08883 Dsc08944  
名神~京滋バイパスを経て宇治平等院に11時到着。
平等院鳳凰堂を観てから滋賀県の友人ワンコと合流して
宇治川~宇治上神社を散策。
Dsc08840 Dsc08835
平等院と宇治上神社の両方とも世界遺産。
宇治上神社の本殿は日本最古の神社建築だそう。
  Dsc08846 Dsc08858
平等院の境内に源三位頼政の墓があった。
「平等院近くの宇治川での源平合戦で敗れて
自刃した武将でNHKの大河で丹波哲郎が演じてたぜ」と
解説したら思い切り引かれた・・・
Dsc08832 Dsc08837   
昼食はワンコ友人さんが予約してくれたワンコ入店可能な
立派なログハウスのお店でランチした。
Dsc08911 Dsc08892
帰りにNHK朝ドラ「スカーレット」の舞台の信楽に寄り
「陶芸の森」にある産業展示館の陶芸品を見て帰ってきた。
あんまりスカーレット押しされてなかったような感じ。
Dsc08879 Dsc08916
刈谷PAに寄ったが混んでいたので浜名湖SAでまたしても夕食。
ラーメン館も新しくなっていたので浜名湖ラーメン。
醤油豚骨ラーメン食べたけど、まぁまぁ。

旅先温泉に入ってこなかったのでいつもより1時間以上
早い21時過ぎに帰宅。

ちなみに我らワンコ家の車中泊ですがSA、PA、
道の駅等での夜中の仮眠のみ。
車中で調理したりテレビ見たりパソコンしたり
飲食する等の車中生活はしないので、
車中泊ノウハウなどは全く無し。

寝具は普段使いのニトリの羽毛布団で、
布団袋に無理やり収納すると小さくなります。
相当寒くても熟睡できます。
アウトドア用の高価な寝袋でなくても大丈夫。
自宅ベッドと同等の寝心地を実現するかが重要。
暑い時期の方が仮眠し難い。

終り

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

私の晩酌「特別純米酒 古城山」

私の晩酌「特別純米酒 古城山」

私の晩酌は江戸切子の「ぐい吞み」に
すりきり一杯なのです。
この一杯で納めるのに強い意志が必要です。

『特別純米酒 古城山』は、
滋賀県甲賀市水口町の西田酒造のお酒です。

アマチュア無線の50MHzAM、ホイップアンテナで
初めて3エリアと交信したのが水口町のクラブ局だった。
40年以上前だな。
Pc080003

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

参ワンコ、小国神社と大洞院の紅葉を見に行く

参ワンコ、小国神社と大洞院の紅葉を見に行く

紅葉見頃とのWeb情報で小国神社と大洞院に
行ってきました。
Dsc09002 Dsc09038
参道は1km以上渋滞してましたが
新東名森PA取付道路方面から
アクセスしたので渋滞なしで行けました。
Dsc09010 Dsc09008
昨年より紅葉が少ないような感じがした。
Dsc09040Dsc09019

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

『太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編』を読みました。

「大西中将には死んでいただきます」まさに特攻で征った
学徒兵の母親の叫びのとおり。昭和18年時点で講和していれば
多くの学徒兵や少年兵の多くが死なずに済んだのに残念です。

特攻は海兵出身より予科練出身や学徒出陣の幹候搭乗員が
圧倒的に多かったと以前から聞いていたのだが証言の通りだった。

海軍が避戦派で常識派ってのは嘘っぽいね。
海兵出のエリート将校の上層部の生残り達が特攻を
美談にしたんだろう。


 

 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

私に晩酌「純米吟醸 清泉(きよいずみ)」

私の晩酌は
江戸切子の「ぐい吞み」に
すりきり一杯なのである。
一杯で納めるのに強い意志が必要(?)


「純米吟醸  清泉(きよいずみ)」は
漫画「夏子の酒」のモデルになった
「亀の翁(かめのお)」で有名な、
新潟県の久須美酒造のお酒です。

P_20191125_200541
以前の清泉は「清泉(きよいずみ)雪」でした。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

『朝鮮出身の帳場人が見た慰安婦の真実 文化 人類学者が読み解く慰安所日記』を読みました。

朝鮮出身者で慰安所の帳場人の書いた
大東亜戦争中の日記を韓国人学者が読み解いてくれる。
記された内容からは植民地人差別を感じない。

同じ日本国民として扱われていたし日本国民としての
意識を持っていたことが判る。
また慰安婦の強制連行を示唆する内容も見受けられない。


慰安婦は稼業で慰安所は軍が衛生管理に関わっていたが、
事業であり営業であったし、経営者は朝鮮出身者が多いように読めた。

筆者は中立的立場で慰安婦問題を政治的カードに使うのは
韓国に対してブーメランように返ってくるから止めるよう訴えている。

その通りだと思う。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝鮮出身の帳場人が見た慰安婦の真実 [ 崔吉城 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/30時点)


 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »