« 「上腕骨外側上顆炎」になってしまった。 | トップページ | 「平和に対する罪」はアメリカにこそある を読みました。 »

2019年7月30日 (火)

「蛍草」を読みました。

葉室麟さんの三冊目。面白くて一気読み。読後の爽快感たっぷり。

主人公の奈々と、奉公先の奥方の佐知、二人の女性の物語だった。
山本周五郎の小説に登場する凛とした女性と同じ雰囲気を感じた。

悪人の轟平九郎の罠に嵌って刀を抜かされてしまう奈々の父上。
(あれ!?何かが似ている)
真実が明らかとなり仇討も成し遂げるが相手を許し止めは刺さず。
(何かしら日本的・・・)

テレビ放映が始まったのでドラマも見て楽しみます。
葉室麟さん一昨年、若くして亡くなられたのですね。
もっと時代小説を書いて欲しかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

螢草 [ 葉室 麟 ]
価格:730円(税込、送料無料) (2019/7/30時点)


|

« 「上腕骨外側上顆炎」になってしまった。 | トップページ | 「平和に対する罪」はアメリカにこそある を読みました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。