« Nihao(ニーハォ)君、視力を失ったのか? | トップページ | 『GHQ焚書図書開封 4 「国体」論と現代』を読みました。 »

2019年6月 9日 (日)

『人生100年時代の年金戦略』を読みました。

この類の本を読むと年齢的にやや手遅れ感を感じている自分。
損得勘定(損しちゃった感情に支配されて)で良いのかと疑問は感じる。
両親は70歳以上まで仕事してたし、辞めた理由も老化が元で
一定の品質の製品を作れなくなったからと聞いているので、
価値を生み出せるうちは自分も働き続けられるように頑張ろうと思う。
結果、年金繰下げ受給になるってことなのか???
(生きていればだが・・・)
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生100年時代の年金戦略 [ 田村 正之 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)


 

|

« Nihao(ニーハォ)君、視力を失ったのか? | トップページ | 『GHQ焚書図書開封 4 「国体」論と現代』を読みました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。