« 映画『アラジン』を観てきました。 | トップページ | 「僕のワンダフルライフ」の続編が公開されるとは! »

2019年6月10日 (月)

『GHQ焚書図書開封 4 「国体」論と現代』を読みました。

1~3巻に較べてこの4巻は読むのに根気が要った。
戦前、世界の中の日本を認識して必死で国体を
論じ合っていたことが判る。

解説にて曰く「日本が敗れたのは戦後の戦争。
その巧妙な戦争は『言葉』で為された」
とても驚かされたし、日本人にそのような

「言葉の戦争(洗脳)」が為されたとは衝撃。
でも今現在の世相(野党、マスコミ)をみれば事実。

 


 

|

« 映画『アラジン』を観てきました。 | トップページ | 「僕のワンダフルライフ」の続編が公開されるとは! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。