« クラス会 | トップページ | 「建築知識10月号」は犬のための家作り »

2017年9月26日 (火)

「GHQ焚書図書開封1: 米占領軍に消された戦前の日本」を読みました。

8月に放映されるNHKの終戦番組はちょっと偏向してませんか。
堪りかねて 戦前、戦中の本当の日本を知らねばと選んで読んでみた。

戦前の日本を知っている大人だった人はもう居ないだろうから
この本で知ることはとても大事なことだと思いました。

終戦時に14歳以下だった両親に聞いても本の題名通りにGHQに
本当の歴史を消されているとしか思えないし。

判ったのは大東亜戦争に負けて勝ち組の準植民地のようになって
日本は戦争に縁がなくなってはいるが白人国家に東亜が
侵略され続けている数百年間が今も変わらずに続いているということ。
引続き2も読みます。

|

« クラス会 | トップページ | 「建築知識10月号」は犬のための家作り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。