« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

「目からウロコの確認申請」最新版を買いました

日本ERIの「目からウロコの確認申請」も最新版にしました。
Img_20160712_210844
この本が私のお気に入りの解説書です。

「・・・いづれにも該当する・・・」を
「・・・いずれかに該当する・・・」と赤ペン書きして使ってるが、
最新版でも「・・・いづれかに該当する・・・」のままだよ。
Img_20160716_131430 Img_20160716_131501
俺が間違っているのか???
建築設計に携わる人は古い法令関係本は捨てないで
保存しておきましょう!

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

『沖縄決戦-高級参謀の手記 』を読みました。

40数年を経ての再販本らしいが偶然にも読む機会を得た。
沖縄の三十二軍は組織的に善く戦った事が判る。

昭和18年後半には日本は既に負けていたのだから
昭和20年3月からの沖縄戦は最初から負け戦前提で
長期戦略持久戦する以外にはないだろう。
既に負けている日本に対して戦争し続けた米英は
どう考えても「鬼畜」であろう。

攻勢を要求する大本営や上部組織は何を考えていた。
でも持久戦を主張する八原高級参謀も攻勢を主張する
大本営参謀も超エリートなんだよね。

今でもあるよ、負け戦と判る仕事が。
上席者はどう負け戦するかなんで考えてないし
考えられないだろうね。そんな戦争も仕事も空しい。

こういう本はもっと読みたい。

40数年前、この本が出版されたほぼ同じ時期に
小学6年か中学1年だった僕は仲良しの友達三人で
映画「激動の昭和史 沖縄決戦」を見に行った。

第三十二軍の軍 司令官:牛島満中将を小林桂樹、
参謀長:長勇中将を丹波哲郎、
この本の著者の高級参謀:八原博通大佐を仲代達矢が
演じてた。

覚えているのは、野戦病院で負傷した兵士の切断した足を運ぶ
のを命ぜられた臨時看護婦に 召集された沖縄の女性が
悲鳴を上げるシーンと沖縄の学生で組織した鉄血勤皇隊が
戦場を突撃するシーン。

町山智浩さんが日本人なら見ておくべき映画と力説しています。
解説で「ブレツトッコウタイ」と言ってますが「義烈空挺隊」です。
「八原高級参謀が米軍に投降した」と言っていますが上記本で
否定してます。




DVDが 出ているようだから観てみようと思う。

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

夜立ち日帰り旅「黒部ダム」に行ってきました。

ワンコ連れ故の「夜立日帰りの旅 黒部ダム」に
行ってきました。
黒部ダムを見とけとは息子殿のお勧めであります。

20時半ごろ家を出ておすすめとおり東回り。
0時までに長野道梓川SAまで行く予定が、諏訪湖SAに0時30分到着。
おかしいぞ!
Dsc01831 Dsc03038
デリカのカーナビが壊れてるのでスマホのYahoo!カーナビ
アプリを当てにしてる。『おすすめコース』なんてなかなか
良いコースをナビしてくれるのは良いんだけど気をつけよう。
このナビは到着時刻がいい加減。走行してると予定到着時刻が
どんどん遅くなる!

黒部ダムはワンコを連れて行けないのでトロリーバス扇沢駅の
麓の大町市内で預かってもらうよう予約してあるのだ。
ワンコ預かりに7時到着予定が8時になってしまったし。

扇沢駅から黒部ダム~黒部湖~黒部平~大観峯~室堂まで一気に
行く。室堂でユックリ散策と昼食したあと、ゆっくり観光しながら
黒部ダムに戻ってくる予定。

家を出てしばらくすると雨。富士川沿いを走行してるときは豪雨。
スマホの天気予報では小雨(1~1.9mm/hr)なっていたが、黒部ダムは晴天。
11時に室堂に到着して2時間くらい過ごした。
Dsc02996 Dsc03016
昼食は室堂の売店で売っていた「マスの押し寿司」とおにぎり。
さらさら汁。戦国時代に佐々成政の立山越えのザラ峠越えにあやかった
郷土汁だそうな。
Dsc01875 Dsc03019
黒部湖では遊覧船ガルボにも乗った。日に焼けた。
16時までたっぷり遊んで扇沢駅に戻り、ワンコを連れに行った。
大町市から諏訪湖方面、南に向かって走り出すとまた雨だった。

おわり。

| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

『防火避難規定の解説』最新版を入手

「防火避難規定の解説」の最新版が6月に出た。
ネットでは既に売り切れてるとこがあり。
この本はよく使うので在庫のある書店で急いで購入。

20数年前から改訂されるたび入手してきて5冊目なのだ。
穴あけして紐綴じし合本して使おう。
一度調べたとこは付箋付けと落書きしとくと良い。

Img_20160712_210710 Img_20160713_204443

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »