« 定期受診してきました | トップページ | コルトに楽ナビLite AVIC-MRZ66を取り付け »

2011年4月10日 (日)

グループウェアを浸透させるポイントは文章と書くことに慣れること

グループウェアを浸透させるポイントは文章と書くことに慣れること

2011年3月21日 (月)グループウェアを活用しようYo! で
一対一の打ち合わせも含めてなるべくメールは使わずに、
一つ一つのやりとりを公開するために電子会議室を使おうと書きました。

しかしここに書くことを、わかりやすく簡潔にまとめることが難しいですね。
口で言って5秒で済んだことを、書くために時間を掛けて考えるので抵抗があるでしょう。
初めは苦労するかもしれないが、抵抗なく書けるようになるとグループウェアを使う効果が出てきますよ。

グループウェアに文章を書き込むコツは
単なる報告だけでなく、施主や現場の職人に言った言葉、自分の思ったことなど
”もう一言”を付け加えることなんです。
その一言にほかの人が連鎖的に発言するようになるはずなんです。

つまり”報告”や”指示”でなく”自ら発信”する意識が大切なのです。
「情報の発信者になろう」なのですが、この情報というのは「自分の言葉」なのです。

|

« 定期受診してきました | トップページ | コルトに楽ナビLite AVIC-MRZ66を取り付け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。